3

孤島に離れると、横を向いた意識は遠のき、身体が垂直にたちあがる
やがて思考は玄奥に埋もれ、悲哀は静穏に変わる
微光に映える森のなかで、世界が私に触れている