白浜

筋目書き(三十五)雨月2 白峯の現

DSC_3951
雨月の音を、夢と現のあいだにみて弾いてみながらおもうのは、時代的に近しい精神的故郷である江戸の音楽で主立った楽しみ方は、おそらく間と音色だっただろうということだ。捨てられた故郷へと、それもありありともどるような感じ。子供がうたっていた一つの民謡の単純な旋律を弾いてから、次第にコントラバスの一本の解放弦にある複雑な倍音の音色へこの旋律を照らし出すと、はじめの旋律は、音色のみが鏡となった差異と反復によって、無限な形で心に響きだした。音の具体は心の空と表裏をなしている。雨月のあとに対照的に書かれた「春雨物語」において秋成は此岸に集中し、あの世を否定して仏教には手厳しいというが、これらの音は雨月の此岸と彼岸の円環する音楽への手がかりかもしれない。律動は生活の支えで、旋律はまだみつからない性をうたい、音楽にはじめも終わりもなく構造はいまのところないにひとしい。構造を借りた旋律の変奏や荒々しい情念の息の吐露による緊張の持続ではなく、音色の変相を鏡とする心象が自在に変わりながら、各々の性をみつめさせ、間のもたらす断続的緊張のなかに息をついてゆく音楽が、ながれながらも止まっていまここにある。空は方法によっては容易に達成されない彼岸で、此岸の方法や欲によってではなく、そこにそうあることによって、そこになかったものが思いがけずあらわれることといえる。一方で、「白峯」において西行の呼び出した崇徳院は空の具体だろうが、空そのものを描くのではなくて、空の具体を描くという此岸の水準が確かにあって、そこには具体的な方法もあるだろう。空は写真にも音楽にもあらわれうるが、この水準における方法は、写真ではなくて音楽がふさわしいと知る。…写真と本文へ… to photo and read more…