Jun 2013

筋目書き(四十五)雨月12 菊花の詩(三)

DSC_0917
軽薄の人
空の波にのって
すだれにくっつく
吊り輪のひもが切れて
虹は降ってきた
艶やかな肌に
濾過される音

写真と本文へ… to photo and read more…

筋目書き(四十四)雨月11 菊花の詩(二)

DSC_5637
砂粒のざらつきと海水のぬめりの入り交じった暗闇に息を吐く浅蜊をながめていると人の痛しむ声が聴こえた
白地に言葉を刻み付けるように善悪をつけながら浅蜊を網に入れる指先の罪は声に揺りうごかされる気流に包まれた音の温もりに写し取られた
眼前の遠浅に無限に繰り広げられる砂下の浅蜊の多様な文様は冷たく固い装いと内面の柔らかい激しさのあやうい平衡のとれた曲線美に象られていた
青空の下で蓋を開けなければ痛みの伝わらない小さな浅蜊たちは捕獲に魅せられた狂った人間に捨てられながら泥を吐きだし泡を吹いては死を待っていた
空と海をいまにも分かとうとしながら水平線に沈みゆく太陽の切れ切れの赤い滲みにつなぎとめられ燃やされながらだれか生きている
写真と本文へ… to photo and read more…